エフフォーリア直前情報まとめ4/3㈰大阪杯

エフフォーリア 直前情報まとめ

☆鹿戸調教師発言

■直前の様子

4歳初戦を迎える年度代表馬エフフォーリア(牡4、鹿戸)は、阪神競馬場でスクーリングを行った。

初の関西遠征は金曜輸送を選択し、1日の午後に到着。一夜明けたこの日は、パドックや装鞍(そうあん)所の下見を行い、厩舎周りの運動で体を動かした。

現地で鹿戸師は状態を確認し、

「輸送も問題なかったし、いつも通りで落ち着いていた。今のところは心配ないです。トリッキーな阪神内回りにも「中山や札幌もこなしているし、コース形態も問題ないと思っている。体調もいいし、何とかいい結果を出したいですね」とのこと。

■枠について

「今回エフフォーリアはデビューから2連勝した時の縁起のいい6番枠に入る。「内めの偶数枠はいいところですね。これまで変わらず順調にこられてよかった。出発前も元気でしたよ」とのこと。

■中間の調整について

「約1ヵ月前にノーザンファーム天栄から戻ってきました。体調もよくて、元気いっぱいで帰ってきたので、週に2本ずつ休みなく稽古をこなしています。」とのこと。

■追い切り

「時計も予想より速かったですけど、馬の雰囲気もよく、いい稽古だったと思います。ジョッキーも『先週よりいいですね』と言っていたので、ある程度はいい状態で送り出せると思います。」とのこと。

■コースについて

「輸送に関してはまったく不安がないといえば嘘になりますが、最近はノーザンファーム天栄への行き帰りも落ち着いていますからね。阪神芝2000mに関しては、札幌や中山など小回りでもいい競馬ができているので、そこは問題ないと思います。」とのこと。

■展開について

「逃げ馬が何頭かいるので、やはり展開がカギになると思います。」とのこと。

エフフォーリア大阪杯追い切り調教動画

☆横山武史騎手発言

■追い切り、意気込み

「1週前に結構しっかりやったのですが、もう少しピリッとした部分がほしいということで、いつも後ろから追いかける形でやっているのですが、今週は後ろから突いてもらいました。それもあって先週より反応もよかったですし、何より手前の替え方が先週よりスムーズだったので、そのへんも含めて先週よりよくなったなと思いました。

ジャックドール、ウインマリリン、レイパパレなど強い馬がたくさんいるので、しっかりとこの馬の能力を出し切って勝てるようにがんばりたいと思います。

昨年の年度代表馬ですし、グランプリホースですから、その名に恥じないような競馬ができればと思います」

グランプリ有馬記念で強豪たちを打ち負かし、年度代表馬に輝いたエフフォーリアだが、有馬記念以来、およそ3ヵ月ぶりの実戦が大阪杯G1という今回。実に楽しみな一戦だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA