シルクのシタン快勝!小柄な馬体でも重馬場を苦にせず

3/19㈯ 中京5R 3歳未勝利 芝1600m

勝利馬はシルクのシタン

父 エピファネイア
母 パープルセイル
母父 フジキセキ

馬主 シルクレーシング
募集情報 1口:3.6万円/500口
調教師 栗東 吉岡辰弥
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 180万円
生年月日 2019年04月06日
馬名の意味 紫檀。
樹言葉は「愛情」。母名より連想
兄弟馬 ララヴァンド (21’3歳未勝利)
パープルセイルの2020
パープルセイルの2021

レースは、先頭馬群は固まりながらの展開で、ゆったり目。直線16頭の攻防は坂を登りきった残り200mからシタンが抜けて突き放した。

2着コーリングユー
3着アオイゴールドワン

勝ちタイムは
1:35.5 (36.0) 重

シタン馬 勝ち上がり
シタン エピファネイア産駒 勝ち上がり

3番人気と支持されていたが、まず馬体重が「大丈夫かなぁ」というマイナス18kg。一般的に休み明けのエピファネイア産駒はレースにいって動き切れないことも多いが、小柄で仕上がりが早いシタン。乗り込みも豊富で、オープン馬と併せて意欲的。パドックも馬体重ほど小さくは見せなかった。

おそらく夏に向け、再度仕上げる路線になるだろう。今回はおめでとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA